【試合レビュー】J1第7節清水エスパルス戦 This is Vortis!

どうもLV研究生です!

本日はJ1第7節清水エスパルス@アイスタについての試合レビューになります。

かなり気持ちいい2連勝になりました!この試合を見ていて、昨年磐田に勝った時のような気持ちになりました。(磐田と清水は戦術などは全く違いますが、いい選手いっぱいいるが、ヴォルティスのほうがいい試合をしている雰囲気)去年の強かったヴォルティスを見るようで、懐かしいなぁーと感じました!

それでは試合を振りかえりましょう!

スタメン

f:id:lvlv_soccer:20210406173229j:image

ボランチは徳真選手が抜擢。かなり調子が良いと甲本コーチの人選でした。前回ルヴァン・カップの際にもTwitterで呟いたのですが、徳真選手と組む相手は守備ができる人がいいので岩尾選手とのダブルボランチは楽しみな組み合わせでした。

左サイドには田向選手が復帰。昨年の安定したパフォーマンスをようやく見れるのかという安心感がありました。

 試合の振り返り


前半

全体的にヴォルティスの時間帯が続きました。清水からするとボールを取れそうで取れない。前にボールを送りたいが繋げない。そんな、試合運びを一貫して続けることができました。特に清水はボランチ捕まえきれずに徐々に間延びが発生してしまい、そのスペースを上手く使った擬似カウンターで先制点。その後もペースを握り前半終了。文句の付け所がない試合運びではないでしょうか。


後半

後半からは、清水は一気に3枚替え。注目はサイドに入ったU24の原選手。強度が高くいい選手でしたが、岸本選手のナイスファイトである程度は防げていました。後半の良かった部分としては垣田選手が中央ではなく、サイドに流れてボールを貰えたことかなと思います。これは多分指示があったような気がします。前半ほど優勢ではありませんがヴォルティスの流れのなか、PKを取り、岩尾選手が日本代表の権田選手からゴール。そして、ここからヴォルティス守備固めが始まる。浜下選手、ジョエル選手、杉森選手などボール際に激しくいける選手を投入。さらに前線に河田選手投入でボールを追い回し、ジエゴ選手の強さでボールを跳ね返す。采配も見事でした。アディショナルタイムには、杉森選手のアタックから岸本選手のボール奪取、垣田選手のお手本ヘッドで試合を決定づけました。

勝因


臨機応変なビルドアップ

いつものコンパクトな守備が出来なかった清水。清水の狙い目としては、徳島の不安定な守備の綻びだったはずです。ルヴァン・カップのプレーを見ていればそう思わざるもえないですが…

しかし、今試合は石井選手、福岡選手の昨年からのコンビ。簡単には奪えなかったのが誤算ではないでしょうか。勿論この2人も良かったのですが、ヴォルティスは3つのビルドアップも用意していました。

①岩尾選手がセンターバックに降りるパターン

②田向選手が上がらずに3CBパターン

③2CBではあるが、ボランチが完全に落ちずに脇でボールをもらいにくいパターン

これがすごくスムーズに行われたことによって清水は取り所を迷いながらプレスを行い、間延びして前線にスペースができたことが、ヴォルティスらしいビルドアップに繋がったと思っています。初見のチームにこれをやられると清水も厳しいものがあるのではないでしょうか。

 
コンパクトなハイプレス

この試合はただのハイプレスだけではなく、しっかりとラインを上げることで、よりコンパクトにプレスにいける形へ。清水の選手はパワーやスピードある選手はいるものの、狭い空間でプレーやパス交換にやや苦戦し、パスミスが目立ちました。スカウティングの成果なのか?

 

安心感、お互いを生かす関係性

フォーメーションはいつも通りでしたが、いつもよりも、攻守ともに連動性がありました。さまざまな要因がありますが以下2点あげていきたいです。


①田向選手の復帰

田向選手のプレーは明確で、ミスをしない、味方選手のカバーを常に考えてますよね。よく「無難」と言う言葉を使う人もいますが、田向選手ほど正確な判断ができ、バランサーをこなす選手はいなく、復帰はかなり大きな存在に。他の選手も安心しているように見えました。(特にビルドアップ時)ここが吹ケ選手との違いではないでしょうか。
②徳真選手の先発

ヴォルティスの激戦区のボランチでスタメンを勝ち取った徳真選手。清水戦は攻守ともに位置取りがかなりよかったです。守備時には、前線へのパスコースを切りながらボランチにもアタック。攻撃時には、岸本選手の裏をカバーしながらも常にスペースでもらう準備。このスペースにもらいに行くことで、ボランチが釣られて渡井、宮代選手にフリースペースが生まれる結果に。このシチュエーションは得点シーンにも繋がりました。前半終了頃には、視野の広さも見せたサイドチェンジ。徳真選手おかえりなさい!

 
MOM

垣田選手

清水の2CBはJ1でもハイクラス。開幕戦では大分にキープできない姿が印象的だった彼が今では、しっかり収めて、空中戦で勝って、最後はお手本のヘディングで試合を決める。また守備でも相手CBを追いかけまし、献身性には脱帽です。この調子だと2桁も夢じゃない!!

 
余談

浜下選手の献身性ほんとに感動ものですよね。Twitterでも呟きましたが後半90分頃の体を張ったディフェンスはかなり感動しました。

きゅんこと杉森選手の復帰も今後の明るい材料へ。彼はドリブルもさることながら、強度の高いプレーができるので、J1で戦うには欠かせない存在。まだキレは戻りきっていないのでここから、右肩上がり!!

 


以上が清水戦のレビューになります!

気持ち良すぎます!水曜勝てば、3連勝!

ファイト!ヴォルティス選手!

 


それではアディオス!