【試合レビュー】J1第6節横浜FC戦 戦術勝ちの初勝利

どうもLV研究生です!

本日はJ1第6節横浜FC戦@ポカリスエットスタジアムについての試合レビューになります。

ひとまず勝てて良かったです!!ヴォルティスに関わる全ての皆様、お疲れ様です、そしてありがとうございました!!

先制点から、また追いつかれる悪い展開からどのように勝利を手繰り寄せたのか振り返っていきましょう!

 

スタメン

f:id:lvlv_soccer:20210324223741j:image

脳震盪の疑いで直近のゲームは控えていた石井選手、渡井選手が復帰しました。一方で、ジョエル選手がU20の代表合宿への参加のためメンバー外となっています。(合宿に呼ばれているので怪我ではないと思われる)

やはりこのメンバーで期待していたのは、渡井選手と宮代選手の連携と石井選手の復帰による守備の安定ではないでしょうか。

 

試合結果

 スタッツデータ

f:id:lvlv_soccer:20210322213543p:plain

引用参考:Football LAB

保持率はほぼイーブンですが、ヴォルティスの方がペナルティエリア侵入回数について倍以上の数値を持っているので、効果的な攻撃ができていたようです。ちなみにこの数値は今季の平均を上回る結果となっています。逆に横浜FCは攻撃面に関係する数値が今期の平均を下回っており、ヴォルティスのディフェンスに苦戦していたことがわかります。

前半

ビルドアップに関して序盤は2CBに対して吹ケ選手が落ちて来て3バックで試合をスタートさせました。10分前後まではボランチの後ろのスペースを宮代選手や渡井選手がうまく使っていましたが、ボランチを封じられ、徐々にではありますが、プレスにかかりそうになる場面が見えて来ました。

f:id:lvlv_soccer:20210324221340p:plain

そこで今回は早めに岩尾選手が降りてくる去年のようなスタイルに変更(プランB)しました。そして両サイドバックはサイドに張り付くことで全体的に中盤にスペースが生まれ、より渡井選手がフリーマンでボールがもらえるという展開に。

f:id:lvlv_soccer:20210322215841p:plain

徳島ペースになったところで、岸本選手からのクロスが元ヴォルティスの杉本選手のオウンゴールを誘い先制点を挙げることができました。

その後も優位に試合を展開することができていました。前節までの課題であったディフェンス面での連携ミスはそこまで目立つことなく、改善されていたように思います。

気になったシーンとしては左サイドから崩されそうになる場面が何度ありました。要因としては、左サイドの連携不足(パスミス含む)かなと思います。ここに関しては課題かなと感じました。

 

後半

一気に横浜FCのプレスの強度があがり、ビルドアップが上手くできないシーンが散見されました。このゴタゴタが続いた後にCKから袴田選手に決められ、一気に不安がよぎりました。

しかし、ここからが今までと違うヴォルティス。垣田選手、小西選手に代わって、徳真選手、浜下選手が登場。まさか、垣田選手??と思ったのですが、ここでの意味合いとしては「ショートカウンター」で決めると言うメッセージがあったようです。これがプランCです。試合の流れの中で2.3度カウターからゴールに迫るシーンがありましたが、なかなか決めきれずと言うシーンがありました。そこで、甲本ヘッドコーチは、より確率を高めるために垣田選手ではなく、スピードと足元の技術がある宮代選手を選択。そして、徳真選手、浜下選手のフレッシュでかつ球際に強くいける選手の送り込むかたちに。早めの的確な判断はかなり良かったのかなと思います。そして、甲本ヘッドコーチの思惑通り、浜下選手のボール奪取から渡井選手⇨宮代選手で勝ち越し。

そして最後に、前線からプレスに行くために河田選手、ジエゴ選手の登場(プランD)。怒涛のパワープレーを福岡選手、ジエゴ選手が跳ね返し無事勝利を掴むことができました。

勝因

プランの多さ

この試合が今までの試合と大きく違うところはプランが準備されており、状況によってしっかり対応できていた点。これが、2点目につながりましたし、今までの課題を解消するための準備ができていたことがわかる試合でした。いや〜、良かった!!

効果的な起用方法、タイミング

ここは甲本ヘッドコーチの手腕が発揮された部分ではないでしょうか。上記のようにプランがあっても、どの選手をいつ送り込むのかはやはり甲本ヘッドコーチの裁量でしたが、全てが的確な判断だったと感じました。特に垣田選手を下げて宮代選手をCFと言う判断はなかなかできない難しい判断だったように思います!素晴らしすぎる!!!!

MOM

ここは普通は選手を挙げるべきですが、今回は甲本ヘッドコーチかなと思います!今回の勝利はもちろん選手の活躍もありましたが、甲本ヘッドコーチの戦術勝ちと言っても過言ではありません。特に判断が早く、後手を踏むことなくチームを勝利に導いてくれました。ダニ監督の来徳の目処も立ちそうなのであと少し、頑張ってほしいと思いますし、サポーターとして応援したいと思います!

 

以上が初ホーム勝利のレビューになります。雨の中駆けつけたサポーターの皆様、応援ありがとうございました!DAZNからでも皆様の応援がかなり伝わりました!次節は清水エスパルス。勝ちましょう!勢い乗りましょう!!

 

それではアディオス!