【試合レビュー】J1第4節アビスパ福岡戦 勝ちきれない要因

どうもLV研究生です!

本日はJ1第4節アビスパ福岡@ポカリスエットスタジアムについての試合レビューになります。

この試合は負けてはいけない序盤の重要な試合というのは選手サポ全員がわかっていた試合だからこそ、今回の敗戦は非常に厳しいものになりました。今回は試合内容の振り返りに加えて、どこに修正が必要だったのかを見ていきたいと思います。

 

スタメン

f:id:lvlv_soccer:20210315213200j:image

今まで守備の要となっていた福岡選手、チームの心臓の岩尾選手、サッカーIQが高い吹ケ選手、サイドの要の岸本選手がまさかのベンチスタートという結果に。スタメンのメンバーの実力は認めていますが、全選手が非常に若く、試合の流れを読めるメンバーがいないことが気がかりでした。

不安もある中、初めて渡井選手と宮代選手の共存が見える新しい試みでもあったので、良い化学反応が起こるのではという希望もありました。

 

試合結果

スタッツ

f:id:lvlv_soccer:20210315180819p:plain

 

今節も狙い通りボールをしっかり持つことはできていましたが、有効的であったとは言い切れない結果となっています。見ていただきたいのは、ペナルティエリアへ侵入回数で、福岡と同數となっております。しっかり持てるのはいいのですが、最後の崩しが甘いことがここからわかります。

また気になるデータとしてはタックル数が今節は今までの4試合で一番低い値となり、守備面の強度不足が示唆されます。岸本選手や岩選手の不在が大きく影響したのではないでしょうか。

 前半

前半は風の影響もあり、試合を優位に進めることができました。試合始まってすぐに、上福元選手→渡井選手→宮代選手シュートのこぼれ球を垣田選手が決め、良い滑り出しができました。得点シーンにも通じるところですが、下の図にもあると通り、相手2トップのプレスが全く機能しておらず、ビルドアップ時には中盤に大きなスペースや数的優位が生まれていました。勿論、小西選手からの展開もありましたが、上福元選手からのダイレクトのロングパスも有効的でした。

今までの戦い方の違いとしてジエゴ選手のオーバラップも良いアクセントとなり前半の前半には何度か決定的なシーンがありましたが、決めきませんでした。

またスタメンのセッションでも触れましたが、渡井選手×宮代選手の組み合わせにより、推進力を見出すことができたのも大きな収穫でした。

守備では必要のないパスミスから、チャンスを作られましたが、ディフェンス陣がカバーできていました。いい雰囲気で終えることができました。

f:id:lvlv_soccer:20210314204110p:plain

後半

 後半は「さすが長谷部監督」と言ってしまうほどの修正力がありました。負けている展開で前線の城後選手を下げ、ボランチの重廣選手の投入。普通であれば攻撃的に行く場面ですが、あえて1枚下げました。理由としては下の図にある通り、中盤のスペースを消しに来たのです。特に、ビルドアップの起点となる小西選手を潰すことで、なかなか前線までボールが運べなくなってしまいました。それを防ぐために、ジエゴ選手が最終ラインまで落ちましたが、彼の魅力は推進力なので、良さが消え、ビルドアップ自体も得意ではないため、ボールが回らなくなっていました。また、指示なのかもしれませんがジエゴ選手は外ではなく内に入っていくシーンもあり余計に中盤が混乱しているように見えました。その混乱の中でのカウンターとハンドによる失点。岩尾選手、岸本選手を投入しましたが、時すでに遅く、最後の怒涛の攻めも不発に終わり敗戦となってしまいました。

f:id:lvlv_soccer:20210315182118p:plain

 

課題

修正力(ビルドアップ)

相手チームは前半に回されたとしても、後半必ず改善してくるのがビルドアップへの対応です。前述にも書きましたが、ボランチを切られた際の対応が毎回うまく行っていない印象です。今回はジエゴ選手を下げてCB的に使っていましたが、形が見出せず、しょうがなくボランチのポジションに移ったが、逆にスペースを埋める結果に。もしこのパターンを考えているのなら、吹ケ選手や田向選手を優先して試合で使うべきかなと思います。

 

選手起用

試合の流れを考えた采配が今後重要になると思います。今回のように、後半バタバタし出した時に落ち着ける選手(岩尾選手)のカードを切ることや負けている場面で攻撃的な選手(岸本選手、エド選手)の投入が遅れてしまい、勝ちきれないのが現状と言えると思います。

 

今後について

ここまでは課題等をあげさせていただきましたが、個人的には今のヴォルティスかなり健闘していると思っています。特にピンポイントで補強した外国人選手、昨年の主力の不在にも関わらず、J2でも試合に出ていたなかった選手が奮闘し、引き分けまで持っていけているのは今後のプラスになると思います。

まだ降格が決まったわけではありませんし、今後まだまだ伸び代があるチーム。成長過程の中ででる綻びに対して非難するのではなく、我慢強く耐えることが重要。そうやってヴォルティスは成長してきたはずですし、ヴォルティスのサポならできると思っています。

 

 

以上が、本日のレビューとなります。個人的な感想を最後に述べましたが、今がヴォルティスの成長できるチャンスです!監督、選手、サポーターが『壱』になって、応援し続けましょう!We are one!!

 

それではアディオス!