【試合レビュー】J1第3節川崎フロンターレ戦 足りないものは何か?

どうもLV研究生です!

本日はJ1第3節川崎フロンターレ戦@等々力競技場についての試合レビューになります。

いやー強かったし、久しぶりに力の差を感じた試合でしたね。皆さんの目にはどう映ったでしょうか?

 

スタメン

f:id:lvlv_soccer:20210311214557j:image

福岡選手に代わって鈴木(大)選手が出場となりました。怪我ではないよねとかなり怖くなってしまうほど現在のヴォルティスのCB事情は厳しいものがあります。また、契約の関係で宮代選手が出場できないので渡井選手が出場しました。このスタメンで感じることはCBがいかに耐えれるかと1点でも決め切る(前回から言っていますが)ことが大きなタスクになっていたのではないでしょうか。

しかし、フロンターレのメンツがえぐかったです(泣)

 

試合結果

f:id:lvlv_soccer:20210311181857p:plain

引用参考:Football Lab

全体

試合結果だけ見るとボール持てていそうなゲームに見えてしまいますが、プレーエリアがほとんど自陣で効果的なボールの持ち運びはできませんでしたね。特に序盤の慌てた中での失点で相手に余裕ができ、ようやくプレースピードに慣れて来たところで、さらに失点で、難しい試合となりました。

フロンターレの選手中でも終始際立っていたのが田中碧選手。彼はボランチですが、時にはアンカーの位置、時はシャドーくらいの位置まで試合の状況を見ながら戦っていました。フロンターレ自体凄く良いチームですが特に彼に攻守ともにやられてしまった感は否めないところです。

前半

前半は特に序盤のハイプレスに苦しめられました。特に今まで3トップでのプレスはなく、速いプレスになれるまでかなりゲームを支配されてしまいました。スピード感に慣れたあとは徐々に回すことができましたが、ミスからの失点が非常に悔やまれるところです。安部選手だけのミスに見えてしまいますが、その前のプレーやミスの後のカバーは適切だったのかを考える必要があります。

後半

前半よりも落ち着いてボールを回せていましたが、決定的な展開とはならず。ただ、シュートを打つことができたのは改善された部分かなと思います。

フロンターレは若干流していたため、もっと積極的にいってほしかったと思います。積極的にというのは前に重心を持っていくイメージです。よく見られるのは、抜けそうor抜いた瞬間に選択が横か後ろになっていました。その場面に後ろから追い抜いたり、縦に勝負する選択がもっとあっても良かったなと感じます。(しんどいのはもちろんわかっているが…) 

課題

最後の崩し

サイドのプレーヤーが1人抜いた後の攻撃がゴールに直結しない。よくあるパターンで、藤原選手が抜いた後にすぐCBに潰されるシーンがあり、もったいない。これは藤原選手が悪いのではなく抜いた後のアイディアを選手同士共有できていないことがわかります。スペースにもらいにくるのか?スペースを作ってあげるのか?シュートを狙うべきなのか?を考えたいところです。特に垣田選手については相手は2人で見ているので、もっと囮になるプレーがあれば良いなと思います。

 

ボランチへのハードマーク

特に岩尾選手に多いことですが相手のFWがボランチへのボールをシャットダウンすることがこれからもあると思います。今回でいうと後半の小林選手はCBにいかずにボランチを消しに来ました。その場合にボールを捌けなくなってしまうので代替の選択肢をどうするかが課題と思います。

 

気持ち

皆さんもお気づきの通り、最後は気持ちです!ポテンシャルが高く、若い選手だからこそ、積極的にいって欲しいと思い!今回のような展開では、1点取りに行って欲しい!負けていていつも通りでは新たな発見も出来ないし、いいチャレンジほど、サポーターは喜ぶはずです!今後もこういったワンサイドのような試合をどう選手が対応するかが大切ですね。

 

以上が本日のレビューになります。

 

福岡戦前にフロンターレと試合できたのは良かったのではないでしょうか?スピードが全然違うので!

次節はファンマやメンデスをターゲットとしたパワー系の試合になると思います。難しい試合になるとは思いますが、勝ちましょう!!選手を応援しましょう!!

 

それではアディオス!