【試合レビュー】J1第2節ヴィッセル神戸戦 世界レベルへの挑戦!

どうもLV研究生です!

本日は3/6(土曜日)に行われたJ1第2節ヴィッセル神戸@ポカリスエットスタジアムの試合レビューになります。DAZONから拝見しましたが、最高でしたね!サポータの皆さんの声が出せない中での応援ではありましたが、あれだけの人数がスタジアムに駆けつければ、かなり選手にも響いたのではないでしょうか。

また選手も気持ちが入っており、何かやってくれそうな雰囲気でゲームがスタートされました。

 

スタメン

f:id:lvlv_soccer:20210308220333j:image

安部選手が石井選手に代わって出場となりましたが、前回とメンバーはほぼかえることなくスタートしました。ただ、個人的には渡井選手を入れてより攻撃的にやって欲しかった部分はあります。

攻撃のシステムなどは、前回と同様だったので、よければ見てください。

www.vortislabo.com

スタッツ

f:id:lvlv_soccer:20210308213009p:plain

引用参考:Football LABO

全体

ボールポゼッションは負けているように感じますが、そこまで効果的な攻めが相手は出来ていなかったので、気にする点ではないと思います。ポゼッションの位置を見ていくとほぼ神戸陣地でのボール回しであったことから、神戸も攻めあぐねていたことがわかります。

守備では風の影響はあったと言えど、捕まえるべき選手をしっかり限定し、攻撃の起点を消せていたのはよかったです。特に岸本選手は終始酒井選手や山口選手とばちばちしていて、タックル数は両チームNo.1で、タックル成功率5/7と非常に高い数値を叩き出していました。

前回の大分戦は後半に強度が落ちて圧倒される展開になりましたが、今回は落ち着ける部分がチームで判断できていて良かったなと思います。岩尾選手も数回落ち着けるようなジェスチャーを出していましたね。

得点を取った前後での試合運びは良かっただけに引き分けは悔やまれる部分であります。ただ、点を取られたあとは落ち込むのではなく、勝ちに行こうとした姿は良かった点ではないでしょうか。 

前半

今節は風の影響で神戸のパスが思うようにできていなく、パスミスなどが生じており、ヴォルティスの時間帯が長かったように思います。やはりこの時間帯に1点は欲しかったところですね。神戸のキーパーの前川選手はかなりキックの精度は高いので、かなりのアドバンテージでした。

田中選手の代わりに元ヴォルティスのドウグラスが入って来てましたが、福岡選手、安倍選手の落ち付いた守備は成長を感じました。

後半

後半になり、神戸に攻め込まれる展開になりかけましたが、要所でジョエル選手が守備面でかなりチームを助ける動きができていました。得点シーンは前半から何度も仕掛けたショートカウンターが身を結んだ結果となり、ジェエル選手のボール奪取→宮代選手のドリブル→垣田選手の落ち着いた流し込みで得点でき理想的でしたね。

失点のシーンは、欲を言えば上福元選手は外に弾き出すべきですが、正直仕方がないかなと思います。

 

MOM

垣田選手

FWであんなに走り続けて、得点も決めるのはMOMに相応しい結果ではないでしょうか。チーム1番のスプリントと走行距離になっており、貢献度は計り知れないですね。この得点を機会に、次節以降も得点することを期待したいです!あとはもう少し足元で収めることができるとサイドの選手が上がる起点にもなるので、早くJ1レベルに慣れてほしいところです。

 

今後の展望

優勢の時間帯でしっかりと点を取ることが何よりも重要かなと思います。徐々にペナルティエリアへの侵入の回数も増えて来たので、あとはしっかり点を取る形を作ってほしいかなと思います。

守備では、あと少しの寄せが重要です。今節は、古橋選手にかなり打ち込まれました、彼はミドルシューターでありませんが、あのクオリティを発揮することができます。今後はもっとすごいシュータが出てくるので、意識を高めて行きたいところです。

今回神戸のメンバーはかなり個々の力は強いチームでしたが、組織的に戦えば通じることがわかった試合になり、自信になったのではないかと思います。

あとは、徐々に復調の様子が見える渡井選手、カップ戦で復帰した杉森選手がどうチームにフィットするのかが楽しみですね。

 

それでは、アディオス!