【試合プレビュー】J1第2節ヴィッセル神戸戦 世界レベルへの挑戦!

どうもLV研究生です!

いや〜1週間あっという間ですね!サッカーがある生活はやはり最高です。

さて本日は、J1第2節ヴィッセル神戸戦の試合のプレビューをしていきます!

前回の大分は開幕戦ということだったので、詳しい解説しましたが、本節以降は手短に、分かりやすくご紹介できればと思います!

本日の大きなテーマは「世界レベルの挑戦」です!神戸には、かなりの実力者が揃っており、日本代表クラスから現在世界ランク1位の現役代表選手まで世界クラスの選手が揃っています。その世界レベルの選手がいる中で通用するサッカーができればかなり大きな自信となるので、ぜひ勝ってほしい試合です。

以下本日の目次です。

予想スタメン 

f:id:lvlv_soccer:20210304222440p:plain

スタメンは前節を基本的に考えていますが、変更も全然あり得そうですね。

徳島ヴォルティス


前節と同様4-2-3-1かなと思います。ルヴァンを見ても前節と同様または少し入れ替える程度のメンバーで挑みそうですね。ただ、左サイドかインサイドハーフには攻撃力のある渡井選手を入れて、得点を狙いにいきそうな予感はしています。可能性が大きいのは左サイドかなと思います。藤原選手もいいのですが、チームとして縦の意識が少ないので突破力のある選手を一枚入れておきたいところではないでしょうか。宮代選手はコンディション悪くないので、先発かなと思います。

石井選手は前節に脳震盪の疑いで交代したので、安部選手の登場もあるのかもしれません。安部選手はルヴァンでしっかり守れていたので、経験を積んで戦力となってほしいですね。

 

ヴィッセル神戸

フォーメーションは4-2-2-2(4-1-3-2)かなと思います。変更点があるとすれば、攻撃面では古橋選手はMFではなく、CFの位置で出場して裏のスペースを狙いに来たり、またCFに藤本選手ではなくドウグラス選手が入りゴリゴリでくる可能性もありそうですね。個人的には前節のCFより古橋、ドウグラスのの2トップの方が相性悪そうなので、要注意かなと思います。

守備面では、菊池選手の所に大崎選手の可能性もありそうですね!もとヴォルティス選手なので、戦いたいところではありますが…

ヴィッセル神戸のサッカーとは?

神戸のサッカーといえば、やはりパスサッカーではないでしょうか。昨シーズンよりも磨きがかかっているように思えます。イニエスタ選手が離脱していますが、サンペール選手中心にしっかり回してきます。サンペール選手は、アンカー気味でかなりいい位置どりでパスを活性化させます。また、元日本代表の山口選手のボール奪取能力は健在で、前線のミスをしっかりカバーできることによって、チームのバランスをとっているイメージです。

攻撃面ではワンチャンスで決めることができるメンバーがいるのでかなり脅威ですね。気の抜けない試合になるでしょう。

また、守備面がかなり良くなりました。昨シーズンはメンバーはいいが、守備が…ってことが多かったのですが、今年はコンパクでかつプレスが良くなっていて、ガンバ大阪が点を取れないのもわかるなと思います。特に左サイドのディフェンスは元日本代表の酒井選手とベルギー現代表のフェルマーレン選手の鉄壁感はJ屈指ではないでしょうか。

 見所

オフェンス

前節大活躍知した岸本選手の右サイドにはサイドバック酒井高徳、CBフェルマーレンがいるので、どれだけ攻撃的にいけるか楽しみです!個人的には、そんなに簡単に攻めることができないかもしれないので、逆サイドの左サイドで勝負するのもいい手だと考えています。なのでより個で打開できる渡井選手、杉森選手(怪我明けなのでまだ厳しいか?)が必要かなと思います。

 

ディフェンス

まずは流れるようなパスワークへいかに付いていくかと追いすぎてスペースを作らせないようにすることが必要かなと思います。また、前節は左サイドバックの酒井選手がガンガン攻めいてくるので、比較的高い位置を取る岸本選手の裏のスペースには要注意です! 

神戸の前節のフィニッシュはセンター又は右サイドのシュートがほとんどだったということがレポートで上がっているので、右フィニッシュの形を意識したディフェンスが必要になりそうです。

あとはやっぱり古橋選手かなと思います。ワンチャンスで決めることができ、裏のスペースを与えると多分追いつけないと思うので、いかなる時も神戸のスピードスターを野放しにしないようにしたいですね!

 

以上が第2節神戸戦の試合レビューになります!

現地で応援される皆様、本当に羨ましいです!!

自分も大阪から声援を飛ばしているので是非楽しんでください! 

 

それではアディオス!