【試合レビュー】J1第1節徳島ヴォルティスVS大分トリニータ@昭和電工ドーム大分

どうもLV研究生です!

今回は「J1第1節徳島ヴォルティスVS大分トリニータ@昭和電工ドーム大分」の試合レビューになります!

まずは選手の皆様、そしてアウェイ、パブリックビューイング、自宅で応援されていたサポーターの皆様お疲れ様でした!選手はもちろんかなりサポーターも緊張されてたのではないでしょうか?僕もかなり緊張しました(笑)

まず、一言言わさせて下さい。開幕予想を前日たらたらさせて頂きましたが、ほとんど当たりませんでした(笑)すいません。さて気を取り直して、スタメン発表から見ていきましょう!

以下今回の目次です。

スタメン発表

f:id:lvlv_soccer:20210228174221j:image

まず、試合前のスタメン発表からかなりのサプライズがありましたね。予想外だったのは以下の3点です。

西谷選手のメンバー外

左サイドと言えば西谷選手でしたが、まさかのサブにもいなかったですね。フォロワーさんに教えて頂いたのですが、怪我の可能性があるかもしれないとのことです。真相は次節くらいにに分かるのではないでしょうか。

渡井選手のスタメン落ち

渡井選手がまさかのスタメン落ち。ここは意外でしたね。ポジション的には宮代選手、藤原選手の位置が妥当だと当初思いましたが、終盤投入されたプレーを見るとには調子がまだ上がりきっていませんでしたね。

吹ヶ選手、藤原選手の抜擢

かなりのサプライズでした。昨年の公式戦に出ていなかったため、心配してしまいました。ただ、結果的には大きなインパクトとポテンシャルを魅せてくれました。すいません(笑)。

戦い方

戦い方について、昨年の可変式に似ているようですがそこまで複雑ではなく、ポジションの立ち位置(上下、左右移動)で数的優位を作ることができていました。 フォーメーションとしては昨年同様の4-2-3-1です。フォーメーション的には一般的でしたが、オフェンス時の位置取りはよかったのかなと思います。なので、下のセッションで深掘ります。ディフェンス時は本来の陣形で、昨年同様ハイプレスでした。

オフェンス時の陣形について

形としては、2.5-2.5-4-1のような陣形でした。ここでのポイントは2つあり、1つ目が浜下選手がそこまでワイドに張らずに岸本がWGの位置をとるというもの。そうすることで、岸本選手がフリーになるような形で数的優位が取れていました。2つ目は吹ヶ選手の気の利く位置どりです。特にボランチ(黄色矢印)と左サイドの位置(赤色矢印)、CBのボールの回し具合(青色矢印)を見ながら、動けていました。この動きで僕は吹ケ選手を好きになりましたね!下にイメージを載せてみました。

f:id:lvlv_soccer:20210301214509p:plain

*薄い色が本来のポジション。矢印の色が移動のパターン。

試合結果の振り返り

f:id:lvlv_soccer:20210301220837p:plain

参考引用:Football LAB 

www.football-lab.jp

結果としては1-1で引き分けでした。試合内容でいうと、前半はヴォルティスで、後半は大分の試合でした。そんな中でも個人的には、ポゼッション志向の大分よりも1試合通じてボールを持てたのはポジティブな部分と思います。それでは、前半後半を見ていきましょう。

前半

45分間ほとんどヴォルティスの時間でしたね。攻撃は前述したように、数的優位を作って攻撃ですることができ、相手が後手に回っていました。ボールを取られても、プレスによって相手にボールを蹴らせて、クリアボールを岩尾選手とジョエル選手で拾って、またビルドアップみたいな形です。逆に後半はプレスの判断が曖昧になりチームとして機能出来ずに、繋がれる場面が見受けられました。

内容自体はかなり圧倒していたので、正直2点は欲しかった内容でしたね!

後半

徐々に相手の勢いに飲まれて、前半大活躍の吹ヶ選手の交代が痛かったなと思います。吹ヶ選手は、味方の位置どりを見ながら効果的な位置を取っていて、チームのバランサーとして活躍していました。川上選手に代わった後は、組立がCBメインになってしまい、どこに出せばいいの?ってなっていました。

得点されたシーンはまさに前回自分が投稿した部分でやられました。プレスに行って、ずらされて、川上選手が予測してボランチにチェックをいこうとした瞬間にサイドの奥へロングフィード…これは大分のお家芸なので、警戒すべきポイントでしたね。下に前回の投稿を載せているので見てみてください。

また交代も遅く、交代した選手の役割がはっきりしてなかったのがもったいないなと感じました…

www.vortislabo.com

課題

ビルドアップ

後半は、待たれて守られてましたね。特にボランチがシャットアウトされていたので、降りてくるしかなく、相手からするとあまり怖くないなというイメージですね。ただ、気の利く吹ヶ選手がいれば変わったのかもしれませんが…

今後はどう相手を引きつけるかがポイントかなと思います。それがCBのドリブルなのか、スペースを作るフリーランやポジションチェンジなのか次回には改善されるのではないでしょうか。

FW陣の不発

実は垣田選手シュート0本なんですよね。試合を振り返ると、確かに崩し切れるポイントがなかったです。もう少しCFを生かす攻撃のパターンが必要かなと思います。終了間際の川上選手のような崩しからのセンタリングは良かったですね。

また、個人的には河田選手のシュートの姿勢も気になりましたね。結構フリーの形があったんですけど、重心が後ろになっていて、いつものフォームでないことが気になりました。

MOMとサプライズ

MOM

MOMは岸本選手です!!攻撃、守備両方でかなり貢献していました。特に攻撃ではゴールという形で結果を残したのが何より評価できるポイントだと思います!また守備では、あれだけ高く位置をとりながらも裏をカバーできていたのも評価できます。

サプライズ

サプライズは吹ヶ選手です!!かなり気の利くプレーヤーだなと思います。岸本選手がインタビューで答えていた通り、吹ヶ選手がバランスを取っていたので前半は優位に試合を進めることができました。今後も期待できると確信したパフォーマンスでしたね!あと、途中交代は多分怪我とかではなく、体力切れですね。体力切れといっても、スタミナがないわけでなく、多分緊張も相まっての消耗だったの思うので、次の試合はフルで出て欲しいです!

 

以上がJ1第1節の試合の振り返りです!

7年前に比べるとかなり良い結果にはならましたが、今後はかなり研究されます。なので、ここからが勝負だと思いますので、今後もタフな試合になるでしょう!その分、また進化が見えそうですね!!

また皆さんの感想なども頂ければと思いますので、コメントばしばし下さい!

 

それでは、アディオス!