【開幕予想】新ヴォルティスはどう戦うのか!?

どうも!LV研究生です!

今回は、いよいよ明日に迫った開幕戦の予想フォーメーションや展望を書いていきたいと思います!

ダニエル・ポヤトス監督の戦い方

予想フォーメーションを考えるにあたって、ダニ監督がどんな陣形を主とするのかを知る必要があります。そこで、過去に監督として指揮したパナシナイコスとレアルのユース時代から戦い方の特徴を分析しました。

▶︎フォーメーション

まずフォーメーションとしては、昨年と同様4-2-3-1かなと思います。(もしかすると4-1-4-1)。ただ戦い方は、各紙報道されている通り、ベースはポゼッション志向ではあるものの、昨年のような可変式システムは採用しないと予想します。柏原さんの記事で「ポジションは固定で地引網のようにジワジワとゴールへ囲い込む」という表現がありましたが、そのイメージでいいと思います。

▶︎オフェンス

まずビルドアップについてですが、しっかりとCBから繋いでいくイメージです。ここでの昨年との違いとしては、ボランチはそこまで落ちてきません。パナシナイコスでは、2ボランチのうち1人決めて、若干落ちてもらう程度でした。

ビルドアップ後は、サイドバック、サードハーフ、インサイドハーフ(トップ下)でパスを交わしながらサイド(下の赤のゾーン)の奥までボールを運び、そこからクロスを上げて、ゴールを狙うを繰り返します。

ただこれを行うだけなら単調で怖さがないと思いますが、パナシナイコスでは、よくサイドチェンジを行っていました。ここを繰り返すことで『確実にポジションの移動が少なく数的優位を作る』部分になるのかなと思います。(ただこのサイドチェンジに関しては、パナシナイコスでの特徴だったので、ヴォルティスでも同じかはわかりません。違ったらお許しください笑)なのでサイドの選手とインサイドハーフがポイントのようなイメージでした。

▶︎デフェンス

ハイプレスで守ると想定されます。この守り方は昨年とあまり変わらないのかなと思います。昨年同様しっかり前線から囲い込む様なデイフェンスするので、積み上げたものがいきそうです。特に、レアルユースやパナシナイコスでは失点は少なかったので、期待できると思います。

f:id:lvlv_soccer:20210225212232p:plain

ここまでがダニ監督の戦い方の予習になります。一応2チームとも統一した戦い方だったので今シーズンも同じ戦い方になると思います。ただ、岩尾選手がインタビューの中で、「ダニ監督は柔軟だから選手、スタッフの意見を汲み取る」という発言から、今までの戦い方を変える可能性も少しはありそうです。

予想スタメン

f:id:lvlv_soccer:20210224122459j:image

現在の予想スタメンは上のように予想していますが、異論は全然認めます。誰が出てもいいやんって個人的に思うくらい悩みました。ただ、「ダニ監督の戦い方に合いそう」+「J1相手」という2つの要素から、優先順位をつけて考えました。

フォーメーションは前述の通り、4-2-3-1で考えています。以下に詳細を書いていきます。

▶︎GK  <上福元選手>

今年はCB中心のビルドアップですが、やはりJ1のプレスをDFだけで凌ぎ、運ぶのは難しいと思うので、足元のある上福元選手は欠かせません。またシュートストップも期待できるので、神様あなたしかいません。

▶︎CB<福岡選手 ドゥシャン選手(内田選手)>

福岡選手は昨年からの成長、活躍を考えると優先順位は高そうですね。高さ、足元の技術は大きいと考えています。特にビルドアップを考えると必要な要素かなと思います。ドゥシャン選手は、強さがあるので昨年よりも必要性が高くなりそうです。昨年は怪我もあり十分には活躍できていませんでしたが、2年目の今年はチームにも馴染めて活躍すると期待しています。ただ、ビルドアップを考えると、内田選手も捨てがたい存在であります。なので、ここのチョイスは監督の好みが反映されそうですね。

▶︎サイドバック<田向選手 岸本選手(藤田選手)>

サイドバックは左は田向選手、右は岸本選手を予想しています。田向選手は、ジエゴ選手や吹ヶ選手と比べると経験値や安定感があるので開幕戦は選ばれそうですね。岸本選手は、サイドバックながら突破力があり、垣田選手との相性も非常に良いので、先発の可能性が高いのかなと思います。クロスの質やセットプレーを重要視するのであれば、藤田選手の可能性はありそうです。

▶︎ボランチ <岩尾選手 ジョエル選手(小西選手)>

このポジションは激戦区ですが、今回は岩尾選手とジョエル選手で考えました。やっぱり今年は降格があると考えると守備よりなメンバーになるのかなと思います。両選手とも武器は守備面ですが、2人ともボールを展開できる力は十分にあるので、ボールが回らなくなると言ったことはないのではないかなと思います。ただ、攻撃的にシフトするのであれば小西選手の出場はありえそうですね。

www.vortislabo.com

▶︎インサイドハーフ <渡井選手>

ここは渡井選手ですね。 やっぱり、個で打開できるのは戦術の幅が広がるので中央のメインは渡井選手かなと思います。渡井選手は持ち前の突破力に加えて昨シーズンは裏のスペースへのパスも出せるようになってきたので、期待大ですね。

▶︎サイドハーフ <西谷選手 宮代選手>

左サイドについては突破力が求められるので、ドリブラーの西谷選手はマストではないかなと思います。右サイドは杉森選手もいますが怪我あけなので、宮代選手になるのかなと思います。宮代選手は山口、川崎時代はもう少し前目で出てましたが、ドリブル等のサイドに求められる能力は十分になると思うので、サイドハーフでの活躍も期待できると考えています。

www.vortislabo.com

▶︎CF <垣田選手(河田選手)>

前述の通りサイドからの展開からCFで勝負というパターンが多くなると思うので、昨年の活躍を考えると垣田選手かなと思います。ワンタッチに合わせるのは垣田選手は得意なので、得点を決めてくれるでしょう!!

勝負強さで選ばれるのであれは河田選手もあり得るかなとも思っています。ワンタッチ系のシュートも上手いですしね!

 

大分への対策

最後に大分トリニータの対策を簡単にではありますが考えました。

▶︎オフェンス

大分のディフェンスは3バック+2サイドの実質5バックで守ってくると予想されます。なので、攻める方法としては固められる前のショートカウンターや両サイドの裏を狙う攻撃が必要かなと思ってます。

▶︎デフェンス

相手の撒き餌に釣られないことです。相手はうまく繋いで数的優位や位置的優位を作ろうとしてくるはずです。なので、下手に追いすぎて相手の思う壺にならないディフェンスが必要です。ここは明日の大きな見所ではないでしょうか。

 

以上が開幕戦の予想になります!!

いや〜、兎にも角にも勝って欲しいです!!スコアは1-0でヴォルティスの勝ちと見てます!!

勝ってくれれば今まで書いたことが全部反対でもいいですね(笑)

今年のヴォルティスのメンバーはほとんどJ1未経験メンバーで構成されています。序盤はミスや浮き足立つこともあるかもしれませんが、慣れれば間違いなく実力が発揮されると思うので、選手を信じて応援しましょう!!

 

それではアディオス!